2012/04/18

桜とコンドル?都心にビーチ?屋台文化?日本再発見

前回の続きだが、いままで何気ない景色も、出発前と帰国後では新鮮に見えるもの。
桜もそうだが、大阪都心ど真ん中にある中ノ島公園もそうだ。
都心のど真ん中とは思えないくらいゆっくりできる。

都会のオアシスにふさわしい!
また中州に展開してるということで、勝手にパリのシテ島の称号を!
って言い過ぎ?

ちなみにこんなところ。パリのシテ島(中州の島)


そしてエルコンドルパサー。
どこの繁華街でもみかける、アンデス音楽演奏隊。

いままでは、南米の人がコンドルが飛んでるを演奏してるなぁ、、、だったけど。
本場南米に行けばわかるけど、おそらくペルーあたりの山岳部に住んでる方々だと思う。
ボリビア人も同じような感じだけど、ちょっと体格がよさそうだし、ペルーの海岸部の人とも違う。

なにかスペイン語が懐かしい?


屋台文化って?
南米もペルーなんかは結構屋台文化だった。

日本にも屋台文化があれば良いのに、、、と思ったけど、日本は結構屋台文化だった。
このアイス屋さんは珍しいけど、、、

縁日になればかならず屋台。屋台。屋台である。
焼き鳥、お好み焼き、たこ焼き、ビールになんでもござれ。

日本て屋台文化だったのね、、、
欠点は値段が高いこと!

物によってはスーパーの方が安いことも。
これって先進国に良くあること。

そして、都心にビーチ?

泳ぐなとは看板があるが、誰も泳がんでしょう?きれいになったとはいえねぇ、、、
ビーチサッカーしたりするみたい。

そういえば、パリも夏にパリプラージュ(パリのビーチ)という特設場が川沿いに設けられる。
コンセプトは海(ビーチ)にいけない人用なのだとか、違うとか?




If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। --

0 件のコメント:

コメントを投稿