2013/03/31

【bangkok】買い物天国バンコク。キャンプ用品と自転車がそろい旅が始めれる



ウサ男
「おい!この暑いのに、またお出かけか!」

※宿のうさぎ、、、暑いだろうな、全身毛に覆われて、、、

出かけますが、その前に腹ごしらえ。
宿の隣のカオマンガイ屋がタイ人で毎日賑わってて気になっていた。

でも、外は暑いでの、、、、

お持ち帰り!
お持ち帰り文化なタイならでは。
スープもビニールに入れて持ち帰れるからね。

普通のカオマンガイ 40B
から揚げカオマンガイ(?) 40B
持ち帰りの方がスープ多くないか

春巻き5本 25B

味は、、、、美味い!
特に米が味がしみこんでいてふっくら。
これは、久しぶりに美味しいカオマンガイを発見した!
しかも宿の隣というね、、、、。

あまりに美味しいので、お店に御代わりしに行ってしまった。
店員は、また食べるの?この人と思っただろうな、、、。

3年前には無かったと思うから、新しいお店なのかな?
たしかここはネット屋だったし。


場所:カオサンのお寺通りのさらに裏の川沿いの通り、環状53番バス停あたり。

今日は、買い物があって中心までお出かけです。
例によってまたルンビニ公園。

最近宿の前のバス停から環状53番バスや、ルンビニまで1本でいく15番バスなどを発見して、
カオサンライフが充実してきた我々です(←ただの歩くの嫌いなだけ

やってきたは、バンコクでも有名自転車店のプロバイク
http://www.probike.co.th/en/index.php
平日10:00~19:00
土曜日8:30~19:00
日曜日8:30~17:00
ルンビニ公園沿いの北側。
add: 237/2, Rajdamri Rd., Lumphini

歩くの面倒くさがりやさんですが、実はチャリダーという我々ね。
大分、消耗品であるブレーキパットがなくなってきたので、予備を探しにきました。


トレック専門店なので、トレック自転車は多数あります。
11000Bの安いバイクから、ディスクブレーキの20000Bくらいまで。


目的のシマノのブレーキパット、、、、ありました。
1セット(2個)で220B
日本よりちょっと高いくらいかな?

ついでにパンク用パッチも50Bで購入。


キャリヤーや、少し防水バックのオルトリーブも置いてある。
なんなら、ここバンコクからチャリダー始めれる事もできるなぁ

移動で、スカイトレインに最低料金分15Bのってみました。

ルンビニ公園周辺は、ロイヤルパークとか、都会のオアシス的な緑が多い。

バンコクのど真ん中で、乗馬とかゴルフとかって、、、

スカイトレインはあっという間ですなぁ。
これでバス並に安ければいいのに。

ルンビニの緑からくると、騒々しいですな、、、で、相変わらず渋滞。

この騒々しいワールドトレードセンターのスカイトレインはさんだ、アマリンプラザの2階奥にもアウトドアコーナーがある。
高級モールの一つのアマリンプラザだけど、盛り上がりはイマイチ。

アウトドア店が、重なってるといった感じだ。
自転車屋もある。
中にはオルトリーブ専門店みたいなお店も!
こんな商品あったんだってオルトリーブの商品もあり、、、帽子とか、自転車バックを背負える様にするアイテムとか、、、。

寝袋やテントを扱うお店も。
それなりの商品をおいてある。

十分、ここからチャリダー始めれるなぁ、、、
値段は輸入品だから高い目だけどね。


続いて、伊勢丹に戻ってきた我々。
探していたものは、、、、

日焼け止め!
日本から持ってきた3本の日焼け止めは2ヶ月でほぼ終了に。
使いすぎ?いやいや、、、日差しがきついよ。南国は。
まして、自転車移動中は、ほぼ外だからね、我々。


今回試しで海外製(タイ製?)も買ってみた 160B
日本製は220B

高いけど、日本製品のほうが、よく伸びるんですよ。
よく白人さんで顔が日焼け止めで真っ白な人いません?
あれ、きっと日焼け止めが伸びないからああなっちゃうんだろうな、、、多分。

ちなみにタイ製はやっぱり伸びず。

あと、伊勢丹には紀伊国屋も入っている。
地図を探してたが、タイ、ベトナム、ラオスをカバーしてるタイプを発見

292Bと高い!
が定価表示が12US$だから適正値段?


自転車屋で購入したブレーキパットとともに。


一日かけてたっぷりお買い物DAYでした。
しかし、自転車消耗品や地図とか、普通の旅行にはない金がかかるのも、自転車旅行。
日焼け止めもココまで早く減らないだろうし。


カオサンに帰って夕食です。
これまた、宿と同じ通りの、タイ人で繁盛してるお店。
ベトナム麺屋さんらしいが、フォーぽくはないが??

メニューは麺とソーセージみたいなお肉のみ。
2階の席には壁に品物の写真が貼ってあった。

スペシャル 45B
普通 35B
ソーセージ入りサラダ 35B
コーラ 10B
氷 1Bx2個


麺が、もちもちしてて、マロニーみたいな食感で美味しい。
あと、豚のソーセージが売りなのか、みんな注文してた。


わざわざたいした事ない、カオサンまで出向かなくても、
十分宿近くに美味いご飯屋さんがあるじゃないか。

ウサ男
「おまえら!買い物にご飯にたっぷり一日楽しんだか?」

  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

2013/03/30

【bangkok】バンコクはタイであってタイではない



タイの宝くじ。
どこの田舎でも売ってる。

どこの国の庶民の夢は宝くじ、、、と思う小市民であった。

「宝くじ当てて、養って~」


さて、小市民らしく、市バスで本日も中心部へ移動します。
乗った2番の赤バスが、無料だった。

まだやってたんだ、、、ルーレット式無料赤バスキャンペーン。(全てのバスがは無料でない)
値上げに対する、不満の捌け口対策だろうか?

目指すは、スクンビットsoi55のトンロー
日本人も多く、日本食屋も多い。

最近はラーメンスタジアムなるものまで登場したらしい。

さて、そんな日本人エリアだが、地元スーパーTOPSもある。
でも、地元系じゃなくて、、、、

高級TOPSだった、、、、方向転換した?
それともこの店だけ?

高いけどパン美味そうだ。

商品も先進国のスーパーばりに綺麗に並んでます。
高いけどね。

そして各国の輸入品たち。
日本のお菓子から、ヨーロッパのお菓子まで!

やっぱり高いけどね(しつこい

お寿司も売ってますよ。
先日の高級デパートエリアに負けてない海外商品の品揃えです。

どうしてもほしい輸入品があったらいいかも。TOPS
って、なんでこんなスーパーに小市民がプラプラしてるかというと、、、ただの時間つぶし。

目的はトンローにありです。
ただバスが思ったり渋滞にはまらず早く着いてしまったので、スーパーで涼んで目の保養してたというね。


そんなトンローの目的は!
マンガ喫茶!

まったく海外まで来て何やってるんでしょうね?
でもバンコクでは心の疲れをも癒さないと!

訪れしマンガ喫茶はトンロー soi 3にあるKOTO。
何がいいって、平日は11時から17時までが、飲食注文すればフリータイムというね。

90Bからドリンクあるけど、ここは200Bの竜田揚げと160Bのにら玉定食いっちゃいますか。
あ、、、、人が食べてたハンバーグ定食も美味しそう、、、、。

置いてある漫画はちょっと古いのが多く、最新刊は少ないけど、雑誌は最新がそろってますな~
一瞬、自分がどこにいるのかわからなくなりました、、、。

で、気づけば夕方というね、、、
恐るべし、漫画喫茶タイムワープ。

時間がすっ飛びます。

大都会の夜景ですねぇ、、、
って、そんなに優雅じゃない。

渋滞して車がまったく動かないのだ。
この時間帯は歩くか、素直にスカイトレインや地下鉄乗った方が賢明。
もしくは、ラッシュが終わるまで時間つぶしてバス乗っても到着時刻はあまりかわらん。

ということで、時間つぶしを選びます。
動かないバス内に閉じ込められてもイライラするだけ。

ルンビニ公園まで散歩です。
暑いバンコクも夕方になれば多少は暑さも和らぎます。

反対車線に渡ろうと思って、地下鉄駅へ。
入り口では厳重に荷物チェック。

そんなにテロ警戒してるの?
インドかって感じばりに警戒。

しっかりバック開けさせてチェックしてます。
いい加減なタイなのに、この厳重ぷりは???

チャイナタウンの夜景
道路いっぱいまで屋台の席がはみ出てて賑わってる


鉄道駅のバンコクの玄関フォアランポーン駅です。

移転計画があるらしいので、この姿ももう見納め?
いい感じにライトアップしてます。

待合室。
こちらはまったく緩くなんもチェックなし。
こちらは警戒しなくていいんかいな、、、?

どこでも横になる欧米人。
平気で、横になったり座ったり、裸足で歩いてるからね。
TPOを考えろって思ったけど、タイ人もそうしてる人多いか。

床文化なタイ人はわかるが、ベット椅子文化な欧米人はなぜに抵抗がないのだろうか?
是非、このノリで、東京駅あたりで、寝転がってほしいな。
、、て人多くて踏まれるかな。


ホーム。

今夜も夜行電車が出発していく。





  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!

<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

2013/03/29

【bangkok】外食の安いバンコクでスーパー巡りして自炊もまた楽し


3年ぶりのバンコク、カオサン
夜中にドンチャン騒ぎな通りだけど、朝は、、、、

静かなものですよ。
観光地にいくとどこ行っても外人だらけで地元民いないけど、
ここカオサンもそう。
外人さんだらけ、、、って自分もそうだけど、今まで田舎ばかり訪れてきたから余計にそう感じる。


昔は、、、て、カオサンでご飯食べるちょっと前までそう思ってたこと。

15年前、オカサンで食べた初めてのタイ料理。
辛かったが美味かった。
タイに来れば美味しいものが食べれる。
カオサンにくれば、どこに美味しいお店があるか知っている。


が、3年ぶりに食べたカオサンのいつもいくお店、、、
あれ?味が落ちた?
それとも、元々こんな味?
それとも、ローカルな場所ばかりで、タイ料理を食べてきて、自分の舌が肥えたのか?
チャリダーやってて胃が大きくなったせいもあるが、元々量の少ないタイ料理だけど、
カオサンのお店はもっと少ない気がする。


昔は楽しみにしてた、オカサンでの食事だが、
今は、美味いローカルな店に行きたい

「それは、お前ら、、、疲れてんだよ。ゆっくりタイマッサージでもしてこいや!」

じゃ、じゃ、じゃぁ有名なチャイディーマッサージでも?
hirokazu 1時間 朝は200B(通常220から
tomomi 1,5時間 朝は280B(通常320から
うーん、歳をとって疲れが取れにくくなってるのかな?
マッサージ気持ちよかったぞ。



マッサージしたらお腹がすいてきた。

まぁせっかく、多国籍な料理を味わえるバンコクだ。
あえて、タイ料理に固執することもないだろう。
どうせ、田舎いったらまたタイ料理三昧になるわけだし。

ここは都会らしく、日本食を食べに行こう!
事前に、ネットで寿司食べ放題の店を目星つけておいた。
以前よく行った「さざえ」は食べ放題じゃなくなったみたいだしな、、、残念。
過去blog⇒バンコクでお寿司食い放題&デザート

チャリダーだからたくさん食べるぞ~

市内は自転車では危険だし、バスも安いので乗りなれた市バスで移動する。
複雑な路線バスだが、ルートさえわかれば便利な乗り物。

最近はネットでも簡単にルート検索できるしね
バスマップ
http://e-guide-books.com/bkk/bus/bus156-170.html 


しかし、また市バス値上げしたのね。
赤バスが5Bから6.5Bになってた。
エアコンバスは、そんなに値段変わらない気もするが。

バスに揺られること1時間。
スクンビットの東端、新しいBTSの駅あたりまで。

ここまでくるとバンコクも雑踏から外れますな。

スクンビットのsoi 60。河野!
11時半開店とともに突入!

餓えてます!

が、、、、
あれ?店員さん一人?
駄目って?
メニューには食べ放題載ってるのに?230Bじゃないの?

って、タイ語オンリーでまったく会話不成立、、、楽しみにしてたのに~(泣
理由は理解できなかったが、寿司食べ放題できず、失意のまま退出、、、。


がっくし、、、遠くまで来たのに!!

で、外で待ち構えてるのは地元タイ料理のお店たち、、、、

そうだよな、、、タイにいるんだから、寿司じゃなくてタイ料理食えってことだよな。

はじめて見た屋台料理。
生春巻きみたい。
中身はモヤシと肉だけど。

生春巻き 30B 


なぞのたけのこスープ
あんかけ鶏がらスープなのかな?

30Bから

贅沢に!
食べ放題食べる気満々な胃袋だったからね。

パッタイ 35B
生春巻き 30B 
たけのこスープ 30B 
アイスコーヒー 20B
コーラ瓶 10B
アイスカップ 2B x2個

バンコクは氷は有料なんだな。

うーーーん、、、、美味い!
やっぱり地元民で盛り上がってる場所は美味い!!!

寿司は残念だったが、いい食事ができたので、良しとしよう。

せっかく中心部まで1時間かけてきたんだ。
ぷらぷらして行こう。

中心から遠いのがカオサンの欠点だな。
王宮などの観光には便利なんだけどね。

目の前にスカイトレインなる便利な乗り物があるので、これに乗ってシュッと、、、
とは、乗れず、、、高い!これも値上げした?
前は最大でも35Bくらいで何気なく利用してたけど、今最低15Bで最大55Bに。
ちょっと乗ると40Bもしちゃう。


なら普通に赤バス6.5Bでお願いします、、、。

バンコク名物の渋滞してますけどね。
これ、交通量や交通マナーが悪いのもあるけど、信号や交差点のシステムも悪いと思う。
うまく流れるように、信号設置や、青や赤のタイミングしないと、流れるものも流れない。

と、思って早15年。
昔はおまわりさんが手信号してたから、少しは進化したか、、、バンコクよ、、、。


ワールドトレードセンターまで戻ってきました。3年前訪れた時は、暴動のちょっと前。暴動の噂を聞いて、チャンマイに逃げた記憶がある。


TVでワールドトレードセンターの一部が焼け落ちた映像が流れてたが、
現在は綺麗に修復されて、建物前面部に新しい渡り廊下部分ができてた。


ああ、建物内はクーラーがガンガンで涼しい。

南からバンコクまでの道も暑いは暑かったが、日陰で風が吹けば心地よかった。
しかし、バンコクは違う。
まず風吹いても熱風。
コンクリートジャングルに、エアコンの廃熱でまさにヒートアイランド現象。
日本の大阪と同じ。(って都心部は同じか?)

これは、エアコンがないと気分がわるくなるレベル。
で、また廃熱がでて悪循環。

やっぱり都市は緑がないと駄目だな、、、アジア圏は都市を作るのが下手な気が?

ワールドトレードセンターにきたらやはり伊勢丹でしょう
そんなに日本商品に飢えてるわけじゃないけど、ついつい惣菜コーナーとか見てしまう。
ここなら高いけど、本物が売ってるからねぇ。

日本デパートならではのメリットもある。
普段地元系スーパー行っても、タイ語のみで理解できない商品が多数ある。

日本語で説明してあれば、これなら買ってみようかなと思える。
いつもなら冒険だからね。
値段もそんなに変わらないし。


うーーん、大都会だな、、、

シンガポールから北上してきて、シンガポールは洗練された大都会。
マレーシアもそれなりに、経済発展した街が多かった。

タイは地方はまだまだ感があったが、バンコクだけは違う。
特にこのデパートだらけのこの地区は、シンガポールにも日本にも負けてない気がする。
本当にこの地区だけだけど。


パラゴン。

高級デパート。有名ブランドが入ってるモール。
このあたりは、スカイトレインの渡り廊下と、モールを出入りして、クーラーのある場所を通る、
クーラーストリートなるルートがある。

これは、暑いの嫌いな地元バンコクっ子も、使ってるルート。
やっぱみんなエアコン大好きだよねぇ。
(大阪ではエアコンない狭い部屋に住んでて、旅行中のほうが贅沢という、、、)

そんな高級デパートですが、世界の一通りのブランドとレストランは入ってます。
なので、世界のマクドナルドもありまっせ。
ソフト 7B(9Bが割り引きキャンペーン)


高級デパートでも、フードコートがあるのが、タイ流、、、というよりアジア流か?
ちょっと地元系より高いけどね。
でも、水槽ありの、高級感を出してる。

その他、日本でおなじみのココイチやミスド、モスバーガーだってある。
お値段は日本よりは安いけど、タイの物価から考えると、高いなぁ。

そんな伊勢丹やら高級デパートがならぶ地域だけど、庶民の味方的なデパートもある。
ワールドトレードセンター向かいのビックCである。

よく、郊外ではテスコと並んで、幹線沿いにある大型スーパーだ。

何が安いって、フランスでお世話になったスーパーカジノの商品がフランス本土とあまり変わらない値段で売っている。
その値段も決してタイの物価から比べても高くない。

これ、教えてくれたの伊勢丹の前でばったり再会したフランス人チャリダー。

マレー半島でフランスのカルフールの撤退が相次ぐ中、カジノがアジア進出の足がけにビックCを選んだのかな?

フルーツもたくさんですよ。

でた。
マンガ肉!

一度がぶりついてみたい!


そして4階にあるフードコートは、地元フードコートとお値段据え置き!
25Bから食べれまっせ!


でも、その前にビックCで買ってきたお弁当から食べよっと。
テスコ並なお値段な弁当です。

パッタイ 13B
パッタイ ビーフン 10B
肉ぶっ掛け弁当 15B
コーラ 18B

安いな~
小腹空いた時に最適ですよ。ビックCのお弁当。

何よりフードコートはクーラーあるし!!


それでは、フードコートでは、ソーメンカレー25Bでも?
野菜が取り放題なので、野菜不足な我々にはちょうどいい。

25Bのカキ氷。
と25Bのアイスコーヒー
 
で、お勧めは、ビックCのスーパー内にある、フルーツコーナーのシェイク。


3種類えらんで、なんとシェイク12B
これは安い。

庶民の味方ですな、ビックC。



さて、本日は夕方から、先ほど再会したフランス人チャリダーがウォームシャワーしてる場所へ夕食を招待されにいきます
ウォームシャワーとは、バックパッカーがよく使うかウチサーフィンの自転車旅行車に特化してるサイト。ようはホームスティというわけですな。
一応我々もアカウントは持っているが使ったことはない。というかイマイチ使い方がわからないという、、、。


訪れし場所はもろタイ人の居住エリア。
外人なんて皆無です。
 
貸してもらってる部屋。
どうやらウォームシャワーのホストは、何件か家を持っていて、改装中のこの家の一室をあてがってくれたみたい。
ホームスティなウォームシャワーだけど、ホストは家にいないといい、放置プレイなホームスティ先。


そんなホームスティ先?で、ベジタリアンのフランス人アランの作る料理は興味津々。
って初めて会ったよベジチャリダーって。
力でるのかな?

チャリダーは自炊用品持ってますからね。
まだ改装中でキッチンのない家でも、自炊しちゃいます。
って我々は自炊用品もってないな、、、まぁヘタレなんで、、、。

コレは、先ほどのビックCで買ってきたもの。
フランスで気になってたが、買う機会がなかったので、味が気になる。
大粒のクスクスみたい。


宴会のお供は、ビールとsiamsatoサトーサヤーム
チャン大瓶ビールが44Bなのに、25Bと安い。

これも、彼らがタイ人が飲んでるのを見て気に入って買ってきたお酒。
ってきりビールかと思ってたら違ってた。

味は、、、白ワインのような、、、、ちょっと癖のあるこの味に甘いにおい、、、どこかで飲んだ味??
そうだ、フランスのシードル(りんご酒)に味が似ている。

この飲み物、調べたらモチ米が原料だそうな。
結構、この味好きかも!


酒も用意され、料理も完成。
特性スープに、相方のサトシ君特製の豆腐トマトソース 煮込みも完成!!

美味しそう!!

完全ベジ料理です。
もちろんビールもベジタリアン料理です!!

自分好みの料理が出来るのが、自炊の醍醐味。
我々も自炊セット持ってくればよかったかな?




  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!

<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -