2013/09/15

【タイ北部まとめ】北部でのお金決算、宿情報、走行データまとめ

タイ北部まとめ

※南部のまとめはこちら⇒3章(3rd)-05-thaiタイ情報まとめ★★


タイ(北部)滞在日数【53泊53日】
 
タイ南部に続いて北部。

初めて海外旅行もタイだった。
あれから15年、、、、10回ちかく訪問中なタイ。
今までは、帰ってきた感じがつよかったが、今回は初めてタイに自転車で入国。

綺麗な島々のあるタイ南部と違って北部は山岳地帯。
そして少数民族エリアでもある(画像)
まったく違う顔を両方楽しめるのがタイのいいところである。


【ビザ】
ノービザ滞在日数 15日(陸路)
ノービザ滞在日数 30日(空路)


かつて簡単に陸路で30日滞在スタンプが押され、
日数の少なくなった旅行者は隣国へちょっと行き、またタイ入国30日間を繰り返していた。
近年では、厳しくなり15日間に減少。

長期滞在では観光ビザを取得したほうがいい。
周辺隣国で取得できるが、場所によって条件はさまざま。

我々は、1回目はペナン島で取得した
(詳細⇒ネコでも簡単にできるお仕事「タイ観光ビザ申請inペナン島」)
平日午前中申請⇒当日午後受け取り
シングル(60日間)のみ
代金:110マレーシアリンギット

タイ出国後に再度カンボジアで2回目のタイ観光ビザを申請
シェムリアップの旅行代理店に依頼
3営業日(月曜申請⇒木曜受け取り)
旅行代理店に持ち込んだ時間(ビザ発給はプノンペンになる)により異なるので、要確認。
(詳細⇒【siemreap】10年前から劇的変貌の街シェムリで休息(タイビザ申請待ち)


【両替カード】
ATM (手数料150B)はそこらじゅうにある。コンビニ、モール、路上、、、、
両替屋は旅行者の多い場所では多数ある。
銀行での両替が一般的。

当時のレート
1B(タイバーツ)=約3.6円(公式3.46円くらい)



【気温】
暑い!
また旅行時は一番暑い酷暑の4月。38度前後まで気温は上がる。南部と違って海風が入らないのか、内陸部ほどこの時期は暑い。
チェンマイなどの北部でもこの時期はバンコクより暑い。雨季などは涼しいくらいに気温は下がる。

【食事】
外食がメイン。

屋台文化なため現地人も、外食が多い。
麺 25~35B
ぶっかけご飯 25~40B
シェイク 20~30B

地元系レストランでは、屋台と値段が変わらない場合が多い。
旅行者の多い場所ではカフェも目立つが、
マクドナルドやKFC、ピザハットなど外資系のお店も地方でも多い。

マレーシアに比べて若干安くなるが、逆にご飯の量が少なくなる。
結果、一食では足りず間食をしてしまうので、使うお金は変わらない気がする。

またマレーシアから来るとアルコールはかなり安く感じる。半額くらい。
チャンビア 瓶 42~44B(レストラン55B~)
もち米酒 25B

輸入に頼ってるカンボジアからでも安く感じる。


【コンビニ・スーパー】
タイのコンビニは便利である。特にセブンイレブン。地図からビール、食品まで。
どんな小さい街にもあって料金も日本の様に割高なことはなく、場合によってはスーパーより安い。
最近はテスコ系なども増えて、小売店は激戦である。

また郊外には大型モールも多数できていて、スーパーやフードコート、銀行など入っていて便利。


【水】
基本、ミネラルウォータ購入

コンビニ、スーパーで1.5Lが12Bくらい
冷たいドリンクや、ご飯を注文すると、氷入りになるが、気にしたことはない。
お腹も壊したことないし。


【ネット】
街にネットカフェがある。
安宿でもwifi完備が多くなった。
タイのマクドナルドやKFCのファーストフードでは無料wifiがなかった。

 
【治安】
基本注意を守っていれば、トラブルは少ない。郊外の幹線沿いの田舎も特に問題なし


【走行情報】
交差点は車優先で歩道は皆無。バイクレーンなどある場合もあるが、基本車と同じになる。
交差点などでは進行方向をしっかりアピールする必要がある。

郊外では狭い道もあるが、運転マナーは上々。
しっかり車幅をあけて、追い抜きをしてくれるし、邪魔だ!どけクラクションもない。
(応援クラクションもあるが、こちらとしてはびっくりする)

バンコクなど大都市では交通量が多く、立体交差が多く、車も我先にと競うのでよくあぶない。


【自転車用品】
タイでも自転車で楽しむ人が増えてて、お店も多くなった。
そこそこの大きさの街なら、ちょっとした自転車屋はある。

しかし、それなりの部品となるとバンコクなどの都心部にならないと入手は難しい
(詳細⇒キャンプ用品と自転車がそろい旅が始めれる

チャンマイ市内でも自転車ブームで自転車屋は増えた。
そこそこの部品なら手にはいる。

(詳細⇒【chinangmai】タイでも自転車がブーム!チェンマイの自転車屋状況




【交通機関、輪行】
バスでも輪行可能みたい。
しかし、バスはタンデムは試してないので詳細不明
電車や船では実践済み。
追加料金で乗せられる。

・タオ島への船に乗せた時
行き(ナイトボート/自転車100B)⇒奴隷船かと思ったナイトボートに好き好んで乗る旅行者達
帰り(カーフェリー/自転車100B)⇒ へたな宿より快適だった金節約のため為乗った夜行フェリー

・電車に乗せたとき
アランヤ~バンコク(自転車90B)⇒【bangkok】便利じゃないかタイ鉄道!自転車をそのまま積める
バンコク~スコータイ(自転車90B)⇒【sukhotai】クセになるタイ鉄道での移動術で世界遺産スコータイへ




【国境情報】
★マレーシア~タイ
航路、陸路、電車とバラエティーにとんでいる。

我々は、西海岸のマレーシアのアロースターからサトゥンに抜ける、マイナーな国境を越えた。
(航路もあり)
自前交通手段がないと難しいルートであるが、自転車なら問題ない。
小さな国境で、越境者も少なく、出入国はスムーズ
(詳細⇒マイナー国境好きが行く、マイナー陸路タイ入国)


★カンボジア~タイ
有名のはアランヤプラテート(タイ側)からの入国。他にもあり。
ビザも国境で取得可能。ビザ代は値上げ?してた。
都合、2回通過した国境であるが、自転車でも出入国はスムーズ
(詳細⇒【国境】チャリ旅人生で初の来た道を戻るという不名誉?)



  



~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・
★走行データ


より大きな地図で へたれチャリダーの旅 を表示
 

実移動(公共機関含む)の詳細MAPへ


スコータイ~チェンマイ高度表



チェンマイ~チェンコン高度表





【10日間走行 合計829km /平均83km】 
(バンコク、スコータイ~チャンマイ、チャンコン ) 
カンボジアから入国しバンコク、スコータイ最寄駅までは電車移動。
その後はチェンマイの長期滞在はさみ、ラオス国境のチェンコンまで走行。

【自転車走行ルート】


【1】走行距離 60km(3.0h)
phitsanulok

sukhotai


【2】走行距離 84km(5.0h)
sukotai

Tak


【3】走行距離 98km(5.5h)
tak

maepa(thoenトゥーン近く)


【4】走行距離92km(5.0h
maepa
↓ 
Lampang


【5】走行距離110 km(6.0h
Lampang
↓ 
chiang mai


【6】走行距離37km(2.0h
chiang-mai

mae taeng


【7】走行距離36km(2.0h
mae taeng

chiang-dao


【8】走行距離80km(5.0h
chiang-dao

fang


【9】走行距離 115km(7.0h)
fang

Chiang Rai  

【10】走行距離 117km(7.0h)
Chiang Rai 

Chiang Khong(ラオス国境)




~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・
★安宿情報
★★★宿泊地一覧評価★★★
詳しい宿泊情報(住所や料金、画像)は各日記(
3章タイ北部(宿情報))にも記載してあります。
A:最高オススメ/B:なかなかいい感じ/C:普通/D:ちょっと,,,/E:オススメしません





【bangkok 駅前】詳細 
ステーションホテル
add:駅にあるKFC側からでると目の前。セブンイレブン上。
ファン 280B
AC 480B
水シャワー、wifiなし
評価:?】宿泊していないので詳細不明。ファアランポーン駅からもっとも近いホテル。


【bangkok 駅前】詳細 
sri hualampong hotel
add:フアラーンポーン駅の横(ゲートからは反対側、駅内KFCから出て左手)
53番バス乗り場あたり
HP:hualamponghotel.com

ファン シングル 250
(タオル、水シャワートイレ、石鹸付き)
コンセントなし。(1階で有料?充電)
wifiなし。
一階部分にレストランとネットカフェ(19時半まで)
評価:D】立地と値段はいいが、古すぎて最近の旅行者には宿泊は難しいだろう。かつてのバンコクを知る人間には懐かしいかもしれない。



【bangkok 駅前】
Train Inn
HP:thetraininn.com
さらに、sri hualampong hotelの先には、白人さんに人気なホテル
こちらは450Bからと高いけど綺麗そう。
評価:】宿泊していないので詳細不明


sukhotai】詳細
Garden House ガーデンハウス
add:TRゲストハウスの数件隣

バンガロータイプ
ファン 300B
エアコン 350B
(ホットシャワートイレ、タオル、無料wifi)
フロントにwifiあるので遠い部屋は電波が微弱。
評価:B】木製のバンガローで落ち着く。エアコン付が安いのもいい。


【Tak】詳細
Mckwilai hotel
add:詳細地図参照
ダブル ファン 220B
AC VIPルーム値段不明
(タオル、ホットシャワートイレ、TV,無料wifi、水付き)
広い敷地にレストランやら沼やら、安い部屋から高い部屋まで。
ちょっと日本語が通じるスタッフがなぜかいる。部屋でもネットは可能だった。
街中心の市場周りにも数件宿あり。
評価:B】広い敷地内で静かに過せる。部屋は普通。


【maepa/thoen】詳細
宿名不明 (タイ語表記のみ)
add:106号線との分岐近く。テスコの先

バンガロー 500
AC ダブル 400
ファン ダブル 300
(水シャワー、タオル、水、TV、無料wifi)

評価:C】幹線沿いの宿。テスコも徒歩5分くらい、隣に食堂もあるし、悪くない立地。


Lampang】詳細
Hotel saim
add:260/27-29 chatchai RD

fan 料金不明
AC ツイン 400-450B
(ホットシャワートイレ、TV、タオル、石鹸、水)
無料wifi(部屋で可能)
時計台の先である街の中心まで、徒歩10分くらい。
街中心や川沿いには宿多数。
駅前とは違って、過剰気味なくらい宿がある 
評価:C】中心から離れてるが裏手に市場やナイトマーケットがあり、食べ物には困らない。


chiang mai】詳細
Nuanpranee HOTEL 
ADD:Mitrpranee Rd Phra Singh, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai
ratpakinai RDの某有名日本人宿バナナハウス(現在名前が違う)の近く。ratpakinai RDのSABAI GARDEN ホテルの横の一本路地(路地入り口に看板あり)に入ったところにある。
ファン ツイン 300B
AC ツイン 390B
(ホットシャワートイレ、タオル、ペーパー、TV、石鹸)
無料wifi(部屋で可能)
評価:B】3年前にも泊まった宿。一本裏路地なため静か。3年前に比べて10B値上げ。


mae taeng】詳細
ma-o-nomg hotel 
add:マツダの隣の青い4階建ての建物
周辺にビルはないので、目立つ

パイとの分岐の500mくらい先、反対車線
表記はHOTEL以外はタイ語
ツイン 350B
ホットシャワー、AC,タオル、TV付
無料wifi (フロント周辺のみ
綺麗とは言いがたいが、まぁ地方レベル
シャワーは鉄分豊富のなぜか茶色、、、
評価:D】設備は問題ないのだが、旅行者など皆無なせいで掃除が行き届いてない。


chiang-dao】詳細
Chan and  Cees 
add:434 soi 8
107号の旧道を街の中心方面へ
PTガススタのわき道。中心までは500m以上ある。
AC ダブル 400B 
ファン ダブル 300B
タオル、TV、水、ペーパー
ホットシャワートイレ
無料wifi(部屋で可能) 
評価:B】白人オーナー。タイ人とは違うきめ細かさのバンガロータイプの宿。静かで落ち着く。


fang】詳細
wiang kyeaw hotel
add:222 moo 3,tnumbon wiang
ファン ダブル 250B
AC ダブル 350B
ホットシャワートイレ、TV、水
無料wifi(部屋で可能
評価:C】値段相応の宿。可もなく不可もない


Chiang Rai 詳細
Baan Bua Guesthouse
add:879 / 2 Jedyod Road

市内にあるバスターミナルの目の前のphaholyothin RD(Pizza Co. RD?)通りを南へ行き、最初の角を右、お寺wat chet yotの門にぶちあたるので右へ曲がると右手に路地(看板あり)がある。Orchard オーチャードGHのさらに奥。
快適な広い部屋で簡単な庭がある
AC 450
ファン 350B
ホットシャワートイレ、ペーパー、タオル
無料wifi(フロント近くが強い、部屋内は微妙な電波)
評価:A】静かで広い庭に部屋で居心地がいい。オススメ。


【Chiang Khong】詳細 
Huan-thai Sophaphun Resort
500B(ACつきで、川ビュー
300B(ファン、中側の部屋
200Bの部屋もあるらしい。
タオル、ドリンク水、ホットシャワー付
無料wifi

評価:D】ロケーションや雰囲気はいいのに、掃除がまったくされていない。もったいない。


【Chiang Khong】詳細
 喫茶&民宿 パパイヤヴィレッジ -
HP: ameblo.jp/papayavillage/
※現在休業中みたい。詳しくはHPで
評価:】日本人女性経営の小さい宿。宿泊していないので詳細不明



【Chiang Khong】詳細
 Baan Pakpon
add: 詳細名刺参照
街中心のセブンイレブンをメコン側路地に入ったところ。
ファン 350Bから(川ビュー
ドリンク水、ホットシャワートイレ、TV、タオル付
無料wifi(部屋で可能
家族経営でフレンドリー
 評価:A】小奇麗な川沿いの宿。メコンもテラスから眺めれて気持ちい宿





★【Chiang Mai 長期マンション】チャンマイ長期滞在マンション情報★
その他の見学したマンション情報一覧はこちら⇒詳細

【実際に長期滞在したマンション】
引っ越したときの記事⇒【chiangmai】報告!しばらく旅やめます!
Smith Residence
add:‎ 37-39 Nantharam Rd. Chiang Mai, 
http://www.chiangmaismithres.com/
Superior 1ヶ月7500B前後(プール、ジム使用別)下層階
Deluxe 1ヶ月9000B前後(プール、ジム込み) 上層階 
ネットwifi1ヶ月 400B(二台まで)
電気、水道別料金
週一回ベットメイキング
 
【実際にかかった光熱費】⇒詳細
【光熱費決算】
・ネットは1ヶ月2台までで⇒ 400B
・水道代 7㎥(単位は多分、、、キロ立法メートル?)⇒ 310B
湯船はあったが一度も貯めず、二人で毎日シャワーやらトイレやらの水道代。
・電気代 66kW ⇒ 462B
夜に数時間つかった程度のクーラー。それでも月の半分も使ったかどうか程度。
あとは、冷蔵庫や電子レンジ、シャワーの温水も電気。
※ホテルによって単価計算方法が違う
評価:A】高かったが安全面、設備、掃除と行き届いて問題なし。快適な長期滞在を過せた。プールやジムを使わないのなら安い下層階でも十分である。





~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・
★お金支出(二人分)タイ(南部)

宿        合計 17692B/63691円(平均 B/1202円/53泊)
食費      合計 19389B
/69800円(平均 B/1317円/53日間)

交通費     合計   784B/2822円 船,市バス,電車他)
観光      合計    2010B/7236円(入場料、教室) 
その他     合計   9852B/35467円(日用品、自転車、お土産、郵送)  -------------------------
合計 
49727B(53泊53日間) 平均938B/x 53日間

合計 179,017円(53泊日間) 平均3,377円(53日間)
※1B=3.6円計算
 



【感想】お土産代、輸送費代がかかってるが、チェンマイに長期滞在したので、
その他雑費を引いた純粋な生活費は40000B(53泊53日間) 平均755B/2720円とかなり安い
 


 

~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・ ~・
★【周辺時期日記タイ




  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

2013/09/08

【国境】強制的に旅は終了!?国境手前でギアぶっ壊れて走行不能中

本日でラオスも最後!
本日中にラオス中国国境にたどり着ける。

距離もたいしたことないので、午後には出国できるだろ。
と、この時は後から来る災難など知らず、お気楽に考えてた。


6時起床
朝食はバナナにコーヒー

のんびりと準備して7時半くらいに出発


天気はいまいち。


ルアンナムターの街に来るとき使った空港沿いの道ではなく、
ショートカットしてメイン幹線に合流できる田舎道を行く。


この道は旅行者のサイクリング観光ルートになっているので、
のんびりと景色を眺めながらの走行。


って、天気さえよければね。
雨降ってくるとサイクリングなんて最悪ですから!


田園

降ったり止んだりの天気。
最近は午前中はいつもこんな感じ。

午後になれば少しは回復するけど。


タイと違って大型機械は入ってない。
せいぜいトラクターくらい。

後は、、、


人力ですね。

みんなで畑に向かいます。
農作業器具持参です。

雨の中、ご苦労様です。
って、こちらもか。


「ほんと雨の中、ご苦労なこった。」



本線に合流です。



本日ものんびりと田舎の村ぞいを幹線道路は行きます。

子供の飛び出しより、子豚の飛び出し注意!です。
ほんと子豚多いんだわ。


のんびり登り道
標高100mアップだけどゆっくりな坂道です。



山間にまた小さい村がでてきた。


子供は元気だね。
丸裸って!!




村人が自分の村から、ここまで何か運んでいました。

何それ?


収集所

??
なんだろう?
石?


綿の塊みたい。
羊みかけなかったけど、全部木から集めた綿なのか?


村の後は峠。
そこから、ゆっくりと下りになる。

天気も回復してきたし、気持ちい走行になった。


下りきった橋がある場所で、
首都ビエンチャンと中国国境を結ぶ、ラオス一番の重要な道と合流です。


ポリスボックスと商店がちょっとあるだけの交差点。
でも、タイや中国、ビエンチャンと結ばれている重要な交差点です。

まったくそうは見えないけどね。
一応大型のトラックが「そこそこ」走ってます。


中華のタバコ工場。


タバコの葉っぱかな?
中国人はよくタバコ吸うからなあ。

ってラオスで作ってるん?


北上して中国を目指します。

が!
まだラオスだよな??


小さい村でも中華レストランが!
漢字表記がちらほら、、、

先ほどのタバコ工場じゃないけど、かなりの中国人が入ってきる。


トラックも中国との貿易トラックです。


このトラックの駐車場の先に、、、、カスタム!

それでトラックがたくさん待ってるのか。
 おかげでホコリっぽくてたまらん。

おかしいな、、、もう中国?
空気の美味しくて素朴なラオスはどこ行った?

 
カスタムだけど、我々自転車は関係ないので、素通り。
係員には挨拶だけ~


ATMもありまっせ。
使えるか知らんけど。


カスタムのかなり先に国境イミグレがあるんだな。
その前にボーテンという国境の小さい街がある。

、、、小さい???


、、、。

立派な建物が竹の子の様に増えてます。
これ、絶対中国人が作っただろ。

このセンスない建物は中華スタイル。


たくさんある建物は完成しているようだけど、閉鎖してる風だ。
カジノ計画があるって聞いたけど、頓挫したのか?

ラオス政府が土地を貸したって話しだったけど。


さて、国境の街ボーテンだが、道路右側がそう。
左手は2010年に来たときにはなかった全て新しい建物。


ボーテンの街の建物も実は新しい。

なぜなら、2005年に来たとき、国境が夜で閉まってしまって1泊宿泊した事があるから。
そのときにあった建物は掘っ立て小屋が数件だけだからね。

10年もたたないうちに発展しすぎ!


中国から輸入された商品が並ぶ。

日用品に並んで、大人のおもちゃコーナーも充実。
中国ってあれだけ人口爆発するくらい子作り大好きなのに、一人っ子政策で制限されちゃったから、
その捌け口用にその手のアイテムはどんな小さい街でも専門店があったりする。

何気に中国の立派な得意産業(笑




なーーーーーんて、笑いながら商店の前を自転車で冷かしながら走ってたら、、、

「ガキッ」
って異音が!?

いったい何の音かと思ったら、、、、。


チェ、チェ、チェーンが!!!


まぁ落ち着け!


これくらいは慌てるほどではない。
どうやらチェーンを結んでるコネクトピンがしっかりはまっておらず外れかけていたようだ。

これくらいなら大したトラブルでない。
チェーンカッターでチェーンを繋げば問題なし、、、、。


どれどれ?
フロントギアに外れたチェーンが絡まったのかな、、、、。


、、、、?

「!!フロントギアを操作する部分がひん曲がってる!??」


これでは、フロントのギアをチェンジする事が出来ないではないか。
外れかけたチェーンがギアに引っかかり、負荷がかかってひん曲がった様だ。


だ、だ、大丈夫!!
お、落ち着け、、、。

チェーンと接触してる部分を強制的にひん曲げて、ギアのチェンジなしで走行すれば問題ないはず!
チェーンもつなげて、、、、ほら、大丈夫じゃないか!



では、テスト走行を、、、、

「バキン!!」
って異音が!?

またチェーンが切れたか?


ん?
何か!?
見慣れた後輪ギアの光景に違和感が??


!!!!!!
後輪ギアが!!!!


ぽっきり折れてます!
こんなトラブルは初めて!

ひん曲がったなら直せるが、折れたら不可能だ!
まして、ここは非常に重要な部分でギアと自転車本体と繋いでる部品。

もともと、この部品(ディレイラーハンガー)は衝撃を逃がし、ボディーへのダメージを避けるために、
わざと弱く作ってある部分。


でも、ぽっきり逝き過ぎ!!!!


お、お、落ち着け!!!



、、、、、って、落ち着けるかぁぁ!!!(ノ`Д´)ノ.:・┻┻)`з゜)・:゙;

焦るわ!
ましてラオスの田舎に代わりの部品がある訳がない。
中国に入っても同じ部品があるかどうかも不明である。
(メーカーによって千差万別)


とりあえずテープで地面と擦れない様にくっつけたけど、
この状態では自転車は漕げない。
どうすんの?これ、、、、


この後中国はチベットに行こうと思っているが、自転車でなければ意味がない。
旅終了ですか?




目の前にはラオスの出国イミグレがある。

えっと、、、、とりあえず出国?
頭が真っ白でどうしたらいいかわからん!
ラオスにいても直らないから、中国に行くしかないんだよなぁ???
、、、であってる?

もはやパニック状態。


「zzzzz。知らない知らない~(我関知せず)」


とりあえず、ネコでも見て心を落ち着かせ、、、、、られねぇ!!!




【ブログ村】人気ランキングへ投票<<<<If you like my Blog! Plz click this button!!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -