2015/10/10

【House To Summit】蝶ヶ岳からの絶景より、お弁当な同じルートを戻る日(第10回秋の涸沢編④)

花より団子ですよね?
つづき…
前回⇒
【①(第10回秋の涸沢編)】去年のリベンジ~今年こそは絶対に紅葉で有名な涸沢に登ってみせる
【②】本日は蝶ヶ岳山頂の絶景から、憧れの紅葉の涸沢カールまで? 

【③】神秘な雰囲気すらある日本屈指の絶景「涸沢カール」で紅葉狩をしてみた



朝食です。
静かな夜だったのか、疲れてたのか爆睡でした。

朝はパンとわかめ春雨。
ついでに、ランチの炊き込みご飯も作っちゃいます。
これで、オカズ系は終了。
残りは非常食のみと、通常食は食べきりました。


うむ、今日はいい天気。


テントを撤収していざ帰還!
って、来た同じ蝶ヶ岳ルートですけどね。

時刻は8:00


槍ヶ岳との分岐。
今度は、まっすぐ行って槍ですかね?

こちらのルートは簡単らしいし。
なんせ、前回のルートは死ぬかと思ったし…
(前回の槍ヶ岳⇒【House To Summit】表銀座という日本を代表する登山ルートなのに誰にも会わず、残雪期にと...


横尾蝶が岳の急坂を登っていきます。


途中にあった白いきのこ。
食べれるん?


まったく視界のわるいルートですが、槍ヶ岳がどん!と見えたら…


ベンチです。
槍見台のベンチ。
小一時間で到着。

前日は、槍はガスで見えなかったからね。


再びがつがつ登り。


で、なんちゃって槍見台ベンチ。


こちらも槍絶景!


時刻は9:40
コースタイム3時間、現在真ん中あたりなので、いいペースです。


視界は悪い森のコースですが、


草木は豊富な気がします。
何ですか?この綿は。


ケルン。
これが出てくると…


森林限界点あたり。


急に木がなくなり視界が開けます。


稜線まであと少し~


はい、稜線の本ルートと合流です。


時刻は11:30
3時間半でいいペースじゃないかな??


稜線のゆるい坂を行きます。
昨日の様に風もなく良好です。


穂高連山も槍も見えます。


あの丘の向こうが、蝶ヶ岳ヒュッテ!
あと少し~


もはや景色すら楽しめないtomomi


はい、よくがんばりました。
到着です。


時刻は12:00
4時間でここまで戻ってきました。

ああ、お腹すいた…


絶景の中、ランチですよ!


もはや花より団子ですけどね。
ご飯がおいしい!


絶景もたまには見てあげてください。


それでは、景色も目に焼き付けたら?下山しますか。
12:20

三股登山口までのコースタイムは3時間半。


では、下山!
さぁ、下界のスーパーが待ってますよ~


相変わらず悪路です。


あくろ…

慎重に下っていくので、時間がかかる。


tomomiの膝も心配だったのもあるので、のんびり下山。
でも、大丈夫みたい。


中間地点のまめうち平のベンチ。


14:20
2時間とまずまずなタイム。

膝も大丈夫そうだし、ここからは道も良好になるので、とばして下山する?


階段多数なので、ガンガン下ります。


道も歩きやすきなってガンガン下ります。


で、橋。


橋を越えれば、登山口!


15:20
3時間で下ってこれたじゃない。

予想外に早く帰れそう!

まぁ、ここまで来れば…


林道を通って、


3日ぶりの自転車!
無事にお留守番してくれてました。


ビューンと下り。
これがもうボーナスステージですから。


ああ、安曇野の街の灯がぁぁぁ!

帰りに、スーパーに寄って、から揚げとビールを買って帰ったのは言うまでもない…


「2泊三日の第10回秋の涸沢編」



【自転車部門の記録】~~~~~~~~~~~~~~
6:15 標高500m 家
9:00 標高1350m 三股登山口(サイクリング


【登山部門の記録】~~~~~~~~~~~~~~

<一日目>
  9:40 標高1350m 三股登山口
11:00 標高1900m まめうち平 到着
11:20 標高1900m まめうち平 出発
14:30 標高2664m 蝶ヶ岳山頂


<二日目>
7:15 標高2664m 蝶ヶ岳山頂
7:45 標高2600m付近 分岐
10:00 標高1600m 横尾 到着
11:00 標高1600m 横尾 出発
12:30 標高2400m 涸沢カール

14:00 標高2400m 涸沢カール
15:50 標高1600m 横尾 到着

<三日目>
8:00 標高1600m 横尾 
12:00 標高2664m 蝶ヶ岳ヒュッテ 到着
12:20 標高2664m 蝶ヶ岳ヒュッテ 出発
14:20 標高1900m まめうち平
15:20 標高1350m 三股登山口
 

 ~~~~~~~~~~~~~~



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

2015/10/09

【House To Summit】神秘な雰囲気すらある日本屈指の絶景「涸沢カール」で紅葉狩をしてみた(第10回秋の涸沢編③)

これが涸沢カールの紅葉か!??

つづき…
前回⇒
【(第10回秋の涸沢編①)】去年のリベンジ~今年こそは絶対に紅葉で有名な涸沢に登ってみせる

【②】本日は蝶ヶ岳山頂の絶景から、憧れの紅葉の涸沢カールまで?


がつがつと登ってコースタイムの半分の1時間半で涸沢ヒュッテまで到着。
さて、お待ちかねの紅葉…その前に、


小屋内見学。
フロントと展示場。


映画の「岳」の撮影風景写真が!
原作者のサインTシャツですか!

まぁ、ちらっと見ただけですけど。ええ紅葉に行きますか。


小屋の屋根部分には座敷が!
ついでに、こんな場所でも水が無料である。
すばらしい。


いい景色のテラス席。


食堂もあります。


ラーメンとかおでんが人気らしい。
人人人でキッチンは大忙し。


結構風が吹いてるんだけど、席はこみこみ。
これだけ景色よければ、テラスで食べたいよな。

そして生ビール呑みたい(高くて無理…


さて、こちらが涸沢カール方面。
穂高連山が見えるぜ!

正面は北穂高ですかね?
6月に登ったけど、あの天辺に山小屋があるんだよなぁ。
(過去の記事⇒【House To Summit】こんな絶景を眺めれる宿泊施設を知ってるか?山頂にある北穂高小屋は快...) 


テラスか見下ろすは、日本一のテント場。
国設涸沢野営場。

でも、今日はテントが少ないらしい。
ピーク時のコミコミなテント風景も見てみたかった。


動画(涸沢カールの紅葉)


カールをぐるっと回れるパノラマコースというのがある。
せっかくだから、行ってみますか?


それでは、まずテント場方面に行ってみよう。
右手にあるのが、さっきまでいたテラス席。

正面に常念岳が見えるのね。


岩岩の場所にテントを張るのか。
寝れるの??


警察の詰所。


これから行くパノラマコースはここからも行ける。
でも、涸沢小屋経由で行きます。


今日はまだテントが少ないから、自由に張れそうだけど、混んだら場所は選べないなぁ。
そんな時に巨大岩の上とかやだな。


でもロケーションは最高。
後ろは穂高連山で、


正面は常念岳とね。

涸沢は泊まるべき場所だなぁ。
今度はテント持ってこよう。


テント場を通過して、次は涸沢小屋。


こちらもいい景色のテラス席完備。


缶ビールも完備!
でも500円は高いな…


食堂。


こちらも、テラス席で皆さんのんびり。


眼下にはテント場。
右側にあるのが、さきほどの涸沢ヒュッテ。


小屋のあとは、再び登り。
湾曲してる中心あたりまで行きますよ。


小屋周辺であれだけの紅葉なんだ。
上部はもっときれいな紅葉が!紅葉が!


あれれれ?
上部はもう紅葉終わってる??

せっかく登ってきたのに!


奥穂高方面との分岐。
この装備では、無理ですので、素直に涸沢に戻るコースです。


帰りルートは岩だかけ。


全然、樹木ないから、紅葉もくそもないぞ!


え~見晴岩。


山の景色はいいよ。
でもね、紅葉はねぇ…


散りかけの木々の間を下っていきます。


振り返る。
よく見れば、ところどころ散ってるよな…


残雪です。


はい、戻ってまいりました。


涸沢ヒュッテです。
小屋周辺か、それより下が一番ピークの紅葉なのかな?


じゃあ、もう下る??


うーん、さらば日本一のテント場。
今度は泊まりに来るぞ。



では、涸沢ヒュッテから下山開始です。


時刻は、14:00
それでも1時間半くらい滞在してたのね。


下山中。


やっぱりこのあたりが一番紅葉してない?



ヒュッテと小屋との分岐。
このあたりも真っ赤。


横尾方面。


分岐あたりも、上部みると散ってますね。
10月頭がもっとも良かったかもね。


岩の上によじ登ってみました。
横尾方面です。


ここから見た涸沢カールが一番きれいな紅葉かも!?


来年は、ピークな時に泊まりに来ます、涸沢カール。


帰りもガツガツ。


ガツガツ…




中間地点の本谷橋。


タイムは…あれ?15:05
すでに1時間超え。

いくら写真撮りながらとはいえ、登りより遅い下りタイムってどういうこと?


ならばと、さらにガツガツ!
ここからは、ほぼ平坦な道ですからね。


横尾大橋に帰還!
タイムは?


15:50???

1時間50分って、登りより20分も遅いじゃないか!
おかしいな…


まぁ、疲労ということで。


横尾小屋に戻ってきましたよ。
さて、テントとtomomiは??


テント内におりました。

さて、お疲れビールです。
つまみは、流行ってるのか?アヒージョ。
アヒージョのレトルト。

tomomiは、軽く散歩がてら徳沢まで行ってきたとな。
どうやら膝は問題ないみたい。
涸沢行けたんじゃない?また来年ですかね。


そのまま、夕食に!
前日同様に、ツナ缶ドライ野菜炊き込みご飯と、ミソ汁と、春雨。

明日は帰るだけだから、食材はなるべく使って少しでも軽くします。


じゃ、残りのワインと、つまみの鳥皮も食べちゃわないと!


もちろん、最後はドリップコーヒーにお菓子ですよ。

今宵は、風もなく、ぐっすり寝れそうです。

つづく…





【自転車部門の記録】~~~~~~~~~~~~~~
6:15 標高500m 家
9:00 標高1350m 三股登山口(サイクリング


【登山部門の記録】~~~~~~~~~~~~~~

<一日目>
  9:40 標高1350m 三股登山口
11:00 標高1900m まめうち平 到着

11:20 標高1900m まめうち平 出発
14:30 標高2664m 蝶ヶ岳山頂




<二日目>
7:15 標高2664m 蝶ヶ岳山頂
7:45 標高2600m付近 分岐
10:00 標高1600m 横尾 到着
11:00 標高1600m 横尾 出発
12:30 標高2400m 涸沢カール

14:00 標高2400m 涸沢カール
15:50 標高1600m 横尾 到着

つづく…


 ~~~~~~~~~~~~~~




【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -